ジオパークは地球活動の遺産を主な見所とする自然の中の公園です。ジオパークは、ユネスコの支援により2004年に設立された世界ジオパークネットワークにより、世界各国で推進されています。

ジオパークの定義


ジオパークは、以下のように定められています。

  • 地域の地史や地質現象がよくわかる地質遺産を多数含むだけでなく、考古学的・生態学的もしくは文化的な価値のあるサイトも含む、明瞭に境界を定められた地域である。 公的機関・地域社会ならびに民間団体によるしっかりした運営組織と運営・財政計画を持つ。
  • ジオツーリズムなどを通じて、地域の持続可能な社会・経済発展を育成する。 博物館、自然観察路、ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育・普及活動を行う。
  • それぞれの地域の伝統と法に基づき地質遺産を確実に保護する。
  • 世界的ネットワークの一員として、相互に情報交換を行い、会議に参加し、ネットワークを積極的に活性化させる。

これらに加えて防災への取り組みも重視されるようになっています。2008年6月にドイツのオスナブリュックで開催された第3回ユネスコ国際ジオパーク会議では、会議の終わりに採択された宣言に、「地質災害に関して社会と知識を共有するためにジオパークが役に立つ」という趣旨の一文が盛り込まれました。

世界ジオパークネットワークに参加するGeopark


  • 地域の地史や地質現象がよくわかる地質遺産を多数含むだけでなく、考古学的・生態学的もしくは文化的な価値のあるサイトも含む、明瞭に境界を定められた地域である。
  • 公的機関・地域社会ならびに民間団体によるしっかりした運営組織と運営・財政計画を持つ。
  • ジオツーリズムなどを通じて、地域の持続可能な社会・経済発展を育成する。
  • 博物館、自然観察路、ガイド付きツアーなどにより、地球科学や環境問題に関する教育・普及活動を行う。
  • それぞれの地域の伝統と法に基づき地質遺産を確実に保護する。
  • 世界的ネットワークの一員として、相互に情報交換を行い、会議に参加し、ネットワークを積極的に活性化させる。

日本ジオパークネットワーク公式ホームページより

日本国内におけるジオパーク活動


日本国内におけるジオパークの活動は、2007年に日本ジオパーク連絡協議会が設立されてから本格的に始まり、国内のジオパークの体制の整備、普及と広報活動が開始されました。2009年には日本ジオパーク連絡協議会は発展的解散し、日本ジオパークネットワーク(Japan Geoparks Network: JGN)が設立されました。
国内におけるジオパークは、2008年12月に初めて誕生しました。洞爺湖有珠山、島原半島、糸魚川、アポイ岳、南アルプス(中央構造線エリア)、山陰海岸、室戸の7地域が日本ジオパーク委員会の審査を受けて、最初の日本ジオパークとなりました。

経済産業省ジオパークのTOPより

世界ジオパークネットワークに認定された日本のジオパーク


7つの世界ジオパークの内、島原半島ジオパーク(長崎県)と阿蘇ジオパーク(熊本県)の2つが、九州にあります!

2015.08.29 更新

地域情報ポータルサイト


地域情報ポータルサイトは,電子納品の支援,電子成果品の二次利用,災害による地質リスク情報,『日本の奇岩百景』,『日本の地質百選』や『日本と世界の地質案内』などの情報を公開・提供するために,一般社団法人全国地質調査業協会連合会 と 非営利活動法人地質情報整備活用機構 が運営するウェブサイトです。
学習教材のコーナーにジオパーク関連資料がpdfで公開されています。ぜひ、ご一読ください。



日本ってどんな国シリーズ- 9
地球の芸術・ジオパーク
- ジオドクターからのたより -

日本ってどんな国シリーズ-1
地震と地盤から考えてみよう

日本ってどんな国シリーズ-2
地下水は大地からの恵み


日本ってどんな国シリーズ-3
火山大国 その脅威と恵み

2016.10.16 更新