鏡池

直径140m,深さ約14m。

約5,700年前の噴火でできた鏡池は,マール地形の典型例として知られる。

マールとは,爆発的な噴火によって生じた火口で円形またはそれに近い輪郭をもち,周縁に顕著な堆積物の丘をもたない火山地形を指す。マールの底は平坦なことが多く,鏡池のようにしばしば水で満たされている。

夕暮れ時の鏡池

鏡池には,こんな伝説がある。

「その昔,誤って池に落ち上がってこない小坊主を助けるため,和尚が霊力で池の水を北の窪地に移すと,底には小坊主を取り囲んだ河童たちがいた。和尚は河童を一喝,焼き印を捺し二度といたずらをしないよう誓わせ,新しい池に住まわせたという。」

伝説によれば,小坊主が落ちたのが水無池,そして河童の移った先が鏡池だ。三国名勝図絵には嘉吉3年6月朔日(1443年6月1日),鏡池に水が溜まったとある。

鏡池ほとりの供養塔 元禄17年(1704)の年号が刻まれている

鏡池のほとりの供養塔

高さ1m程の自然石に「奉侍日天子供養也如意」と刻まれ,元禄17年(1704)正月吉日の年号がある。

Tags: ,

コメントをどうぞ

*