「一度も登らん馬鹿 二度、登い馬鹿」

地元の人々は、開聞岳をこう評する。

頂上から一望できる南薩地方と東シナ海の絶景を知らないのはあまりにもったいない。

でも、あんなに険しい山に二度も登るなんて、ぼっけもん(鹿児島弁で向こう見ずな人)だ、という意味。

開聞岳登山道から見える海と南薩摩

後者の例えには、再び登る人がいるほど、開聞岳が魅力的だという暗喩も含まれている。

開聞岳山頂からの眺望

開聞岳は、指宿市の南西部に位置する標高924mの活火山。

複数回の噴火で溶岩や火山砕屑物などが積み重なって形成された円錐状の成層火山の頂上部に,粘性の強いマグマが盛り上がりできた溶岩円頂丘がのっている二重式火山である。

シンメトリーで均整のとれた姿から「薩摩富士」とも称され、日本百名山の一つに数えられている。

Tags: ,

コメントをどうぞ

*