「ちちりのしま,聖(ひじり)の御房(おんぼう)に譲り奉る」

魚見岳から見た知林ヶ島

指宿氏初代平忠光の三男忠(ただ)季(すえ)が,出羽(でわ)聖房(ひじりのぼう)(密教系の僧侶か?)に送った,鎌倉時代(1217年)の譲状案に知林ヶ島が登場する。

「ちちり」とは松かさのこと。ちちりがたくさんある島ということからそうよばれたとも伝えられる。

空から見た知林ヶ島

周囲約3km,最高点約90mの無人島。

その形成は,約10万年前,阿多カルデラの噴火に伴うと推定されている。

出現した砂州と知林ヶ島

干潮時には,長さ約800mの砂州が出現する。

知林ヶ島は,東シナ海から鹿児島湾内に侵入してくる温暖な黒潮の流れと,鹿児島湾内を流れて東シナ海に向かうやや冷たい流れのちょうど境目に位置する。このため,海流がちょうどぶつかりあい,砂れきが海流の境目に堆積し砂州が形成されるのだ。

コメントをどうぞ

*