地元、指宿市山川の方々には、

「スヌーピー山」と呼ばれる、

奇石、竹山に登りました。

竹山の標高はおよそ200m。

5~6万年前にマグマが地表に噴出する一歩手前で、

冷え固まって出来た火成岩の岩体です。

その後、侵食され、スヌーピーのような形になったようです。

また、竹山も含め、周辺は、

ソテツの自生地の北限です。

国の特別天然記念物にも指定されています。

スヌーピーのお鼻のところまで

以前、竹山に登った事があるという方々の話を伺って以来、

登りたくてたまらなかったのですが、

残念ながら、今は、

途中までしか登る事ができません。

その境は、くっきりと、

生息している植物が違いました。

山頂付近の植物は、

ソテツだけだという事が、

登ってみて初めてわかりました。

この竹山を御神体とした竹山神社まででしたら、

舗装された安全な登山道です。

参拝すると「竹山」ではなく、

「武山神社」となっていることも、

今日の発見でした。

Tags: ,

コメントをどうぞ

*